腰の疲れをいやすヨガ☆ 亀のポーズ

  • 2010.12.29 Wednesday
  • 21:59
こんばんは

広島南区のヨガ教室、ブルートライアングル103です

今日は、腰に疲れがたまりやすい、大掃除のシーズンにお勧めの

亀のポーズ (クールマ アーサナ)

先日紹介した、真珠貝のポーズよりも、高度ですが

繰り返し挑戦することで、縮みを伸ばすにとどまらない

腰背部の開放感を得ることができます


亀のポーズ(クールマ・ダヌラ・アーサナ)
http://yoga-pose.info/zenkutsu/kame.htm


やり方  

‖をそろえて伸ばして座る

足を開いて、ひざを立て、両手をひざ下に深く差し込む
  ひざ裏に肩を担ぐようなイメージ

Bを吐きながら、ゆっくりと少しずつ上体を前に倒す

いへそを覗き込むようにして、背中を丸めてキープする

 この時、うでの付け根の上を、ひざで圧する
 
 手のひらを、後方(おしりの横)に移動させて手のひらを上に向ける

慣れてきたら、膝を伸ばし、前屈を深めていく

背中をへこませるようにアゴ・胸・腹を床に付け、キープ


注意点

前述したように、やや高度なポーズであり
他のヨガのポーズでほぐした後にやることが望ましい

背中が固い時は、真珠貝のポーズと同様に、少しずつ硬直した背骨をほぐす

無理して、苦痛をこらえる必要はないが

ある程度の苦痛は良薬、受容できる範囲を見極め、痛みと向き合うようにする


効果

真珠貝のポーズの効果に加え
 ―未鵑盛を伸ばし、腰痛や坐骨神経をなおす。ヘルニア予防

 骨盤・股関節のゆがみを改善・柔軟性強化する

  特に女性は卵巣機能をめるので、生理不順にお勧め
 J部から腰、背中に血液が十分に供給され、便秘や生理痛を改善

じ関節の調整と、リンパ節(脇・そけい部)を刺激し、むくみ解消

タ爾ぬ欧蠅ら覚めたような、鎮静効果および、消化機能の向上


腰は、自動車でいえばサスペンションの役割を果たす

硬直していたら、衝撃を吸収する力が損なわれ

膝やヘルニアのもとになる

大掃除で前かがみになり過ぎて

固くなった背中に、腰に 

ぜひおためしあれ 

 

亀のポーズの最中、思索にふけりたいあなたは
 
「続きを読む」へ遊びに来てね 

 

だつりょく3兄弟
広島ブログ
★広島市南区のヨガ教室 プリンスホテル広島「ブルートライアングル103」
http://www.studio-103.com/btstudio103/

空と海に囲まれた絶景スタジオでヨガ。
その後は優雅な温泉タイムでごくつろぎください
スタジオの様子をぐるぐるからCHECK
ウワサノ絶景スタジオをチラ見しよう

JUGEMテーマ:広島 ヨガ
 
あなざーサイドへようこそ 


お勧めの 亀のポーズ解説サイトはこちら
 「アーサナコメンタリー」
 http://www.lila-yoga.org/newpage3-11.html


そして!知っとくヨガ  話!!

インドの宇宙観 



























この世界は象と亀と竜によって、支えられている

コペルニクスもびっくり?

亀は宇宙の維持者といわれるインドの神ヴィシュヌの化身であり

亀は世界を守るヒーロー??

奇想天外のこのインド思想、そんなわけないじゃん、と片付けてしまわず

柔軟な発想をとりいれ、絵の裏にある背景を学ぶと面白いです


各文明によって、この世界・宇宙の認識が大きく異なります

古代北欧の宇宙観 ユグドラシル(世界樹)
f:id:SeaMount:20090317131003j:image
ジャックと豆の木みたいですね

エジプト人の宇宙観 

f:id:SeaMount:20090317131001g:image
クレオパトラの影響?なんだか、楽しそうな世界ですね(笑)

http://d.hatena.ne.jp/SeaMount/20090319/1237443463


話をインドの宇宙観に戻します

『乳海撹拌!!プロジェクト・アムリタ』 

「神々と魔族、一緒にアムリタを創ろう。皆でHAPPYになろう」

アムリタとは月のしずくと呼ばれる若返りの妙薬

秘薬のレシピを知る、ヴィシュヌ神は、神々と魔族の争いに終止符を打つため

自ら音頭をとって、魔族と平和条約を提携し、アムリタ開発プロジェクトをSTART!!

世界の屋根である、マンダラ山を引っこ抜いて、海にぶち込み

それに巻きついた、部下の竜王(大蛇)の頭としっぽを

魔族と神々が交互に引っ張り、ぐるぐる回して海をかき交ぜた

マンダラ山はとてつもなく重いで、海の底が抜けそうになる

ヴィシュヌは巨亀(クールマ)に変身して、海に潜り、甲羅の上に山を乗せた

「さあ、かき混ぜろ」ヴィシュヌ神は頭をもたげて、号令をかけた

かき混ぜ作業は1000年にも及んだとされる

マンダラ山の木々がすれ合い、山火事が起きて、多くの動物が焼け死んだ

(恐竜が滅んだのもこの時である)

沢山の海の生物が、マンダラ山に引きつぶされて死に絶えた

無数の生物がすりつぶされ、かき混ぜられ、海は乳の海と化した

そこから、ついにアムリタが抽出され、アーユルヴェーダの神様によって掲げられた 


一方で、何千・何万回と引っ張られた竜王が、苦しみのあまり猛毒を吐きだし

生き残った生物を苦しめた。(ヴィシュヌはこれを想定していた)

破壊をつかさどる神 シヴァがそれを憐れみ、毒を飲みほしたもの

さすがに死にかけ、体がどす黒く染まってしまった

山の女神でもある彼の妻のパールワティが母乳を与え、一命を取り留める


抽出されたアムリタをめぐって、神々と魔族の争いが始まる 

(平和条約はあっさりと破られた)

魔族が優勢となったところで、それを想定していたヴィシュヌは

美しい女神に姿を変えて再登場 

「ねぇ そのアムリタ 私に下さらない

まどわされた魔族は、アムリタをヴィシュヌに渡してしまい

かくしてアムリタは神々のものとなり、魔族に打ち勝った

こうなること全てを計算していたとされるヴィシュヌだったが

想定外の出来事が

女装したヴィシュヌに、魅惑されたのは魔族だけでない

頭から猛毒の抜けきっていない、シヴァがヴィシュヌに欲情して襲いかかったのだ

「いやっやめて、あたしはヴィシュヌよ!きゃー!!!」

月日は流れ、不義の果実が誕生した

ヴィシュヌが、シヴァの子を産み落としたのである

ヒンドゥー教のスーパースター、シヴァとヴィシュヌの子

のちの仏教徒は、彼を「観音」と呼んだ





http://pcoohashi1.exblog.jp/i4/

衝撃的ですが、これを耳にしたら、絶対忘れないインパクトかも

思想とは、それを後世に伝え守るために、ある程度のスパイスが

加えられているのかもしれません



 
 


広島ブログ

スポンサーサイト

  • 2017.10.18 Wednesday
  • 21:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    おすすめアイテム

    103 Instagram (*^-^*)

    selected entries

    categories

    archives

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM