ペリネってなんだ?ヨガとペリネとムーラバンダ

  • 2012.04.22 Sunday
  • 08:47
4月も もう後半となりました。 GWはすぐそこですね

先日、女性の美と健康を支える ペリネの保護 セミナーに行ってきました



ペリネ (Perinee) とは骨盤底筋群を含めた、骨盤底全体 (フランス語)
語源:ギリシャ語  Peri=周辺    Naos=神殿 ⇒ 命を生み出す神聖なところ
実に30代 3人に一人 40代 2人に一人の女性がトラブルを抱えるそうです

具体的には 尿もれ 腰痛 頑固な便秘 排尿困難 便失禁 下腹部痛
        膀胱 子宮 直腸 脱・下垂

デリケートな場所だけに大きな声で語られにくく

間違ったや知識からの日常動作や良かれと思った腹筋運動で悪化させてしまうとか

講師のシャラン山内さんは広島出身の助産師・翻訳家でフランス在住

産後のペリネケアのすすんだフランスで出会ったガスケ医者に出会い

パリのヨガスタジオでガスケアプローチを妊婦さんに指導しておられる方です

ペリネの保護


ペリネは普段、骨盤の底でハンモックのように内臓全体を受け止めていますが

20代を過ぎると筋力が衰えるように、加齢や更年期でハンモック機能が低下してゆき

更に女性は妊娠・出産で、胎児の重みおよび通過によって最大のダメージを受け

収縮力が弱まり、内臓下垂、それに伴う内臓機能の低下

下腹が出てきて、ボディラインが崩れ

ひどくなると、先ほどの尿もれや子宮脱といった

深刻なペリネトラブルに結び付きます

びっくりしたのは

出産後1.5か月は水仕事禁止というのは本当で

無理して立ちあがったり、きついガードルを着用してしまうと

ペリネがゆるんだまま固定して更にNG

またペリネを引き上げないで腹筋をすると

更にペリネが下がってしまう恐ろしさ



ヨガで、ムーラバンダというテクニックがあって
 
まさしくペリネを引き上げるのですが

何のために引き上げるのか、説得力が増しました

ムーラバンダのこれまでの解釈
.┘優襯ー的なもの
  お尻の穴や会陰部は、人が死んだら緩む場所で、いつも引き上げておく
∋兩的なもの
  腹圧を高め、骨盤を安定させ、脊柱の進展を維持するために



女性の美と健康のために☆ペリネのまとめ

ペリネは縁の下の力持ち
女性の美と健康を維持するために、クーパー靭帯以上に守らねばなりません

誤った知識で深刻なダメージ
間違った産後ダイエットとか、便秘薬を飲んでも治らない便秘とか
自己流の骨盤ベルトには注意しましょう

ヨガの最中もムーラバンダを忘れずに
腹圧をかける呼吸法の時、お腹を圧迫する時、股関節を開く時は必須です
痩せる呼吸カパラバーティー  V字のポーズ    女神のポーズ




★広島市南区のヨガ教室 プリンスホテル広島「ブルートライアングル103」
http://www.studio-103.com/btstudio103/

空と海に囲まれた絶景スタジオでヨガ。 
その後は優雅な温泉タイムでごくつろぎを

只今!お得な!!ウィークエンド会員募集中

1年間に7回以上ご利用になられる方は、ぜひご検討ください 


ますます便利に!3/24無料シャトルバスサービス開始

JR広島駅新幹線口 ⇔ グランドプリンスホテル広島 1日6便(約30分)
スケジュールはこちら  お荷物預かりサービスもあり




JUGEMテーマ:広島 ヨガ
改めて、シャラン山内由紀先生

今回のセミナーを主催された、水本さん、國本さんありがとうございました

セミナー後半の実技の様子をどうぞ 

ペリネの保護
骨盤を安定させる手技
ペリネの保護
骨盤ベルト講座

モデルは、3年ぶりに再会した生徒さんのIさんとAさん

抱き枕を使ったペリネトレーニング

ペリネにやさしい、産後の立ち居振る舞い

ちょっとした心がけを積み重ねることが大切



産後ケア、仏語本を翻訳 
広島・世羅出身の助産師・シャラン山内さん

広島県世羅町本郷出身でフランス在住の助産師シャラン山内由紀さん(44)が、産後の母体をケアするエクササイズなどを紹介したフランス語の書籍を翻訳出版した。  
題名は「赤ちゃんと一緒に! ペリネのエクササイズ」。
ペリネはフランス語で「骨盤底筋群を含む会陰部」を意味し、
子宮や直腸などの臓器を支える働きがある。  
産後の女性を対象に、出産で弱ったペリネの保護や強化につながる運動、姿勢の取り方、呼吸法などを紹介。乳児を抱きながらできる体操やバランスボールを使ったマッサージもある。  
山内さんによると、出産の影響でペリネなどを損傷して、尿漏れや腰痛などに悩む女性は多いという。
「妊娠、出産を通じて大きなダメージを受けた身体のリハビリに役立ててほしい」と話す。  
フランス人医師ベルナデット・ド・ガスケさんが2009年に出版した著書を翻訳した。A5判、160ページ。2520円。
メディカ出版=電話0120(276)591。(杉原和磨)

(2011.9.1) 

http://www.chugoku-np.co.jp/Health/An201109010207.html


山内先生のブログはこちら

伝えたい!ペリネを守ること、ガスケアプローチのこと
http://yyneko.at.webry.info/201204/article_3.html

スポンサーサイト

  • 2019.10.02 Wednesday
  • 08:47
  • 0
    • -
    • -
    • -
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    おすすめアイテム

    103 Instagram (*^-^*)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM