永遠のヨギー★パラマハンサ・ヨガナンダって誰だ?

  • 2016.09.04 Sunday
  • 10:43

 

ネタバレ注意(#^^#)

 

涼しくなってきましたね!芸術の秋!

 

ヨガ映画を見に行ってきました

 

「永遠のヨギー〜ヨガをめぐる奇跡の旅」

公式サイト: http://yogi-movie.com

1920年代にヨガと瞑想の奥義を西洋に伝えたヒンズー教スワミ(導師)の人生を描いた異色の伝記映画

『永遠のヨギー〜ヨガをめぐる奇跡の旅』(原題『AWAKE:The Life of Yogananda』)

スティーブ・ジョブズ氏のiPadに唯一ダウンロードされていた本として知られ、ジョブズ氏の追悼式では800冊分が参列に訪れた重要人物らに配布された。

Paramahansa Yogananda

パラマハンサ・ヨガナンダ 1893−1952

永遠のヨギー 〜ヨガをめぐる奇跡の旅〜

1920年代のアメリカにヨガと瞑想を広め、「西洋のヨガの父」として知られるヨガの伝道師。

世界中で数百万部を販売し、世界中の求職者、哲学者、ヨガの愛好家に愛され続けている精神思想の古典書とも言える「あるヨギの自叙伝」を執筆。本名はムクンダ・ラル・ゴーシュ。また自己実現フェローシップ(Self-Realization Fellowship, 1920)とヨゴダ・サットサンガ(Yogoda Satsanga Society of India, 1917)の創設者でもある。

*パラマハンサとはサンスクリット語で「至高の白鳥」を意味し、白鳥が水とミルクを飲み分けることから、世間のただ中にあって真理を実現した覚者のことを呼ぶのに古くからインドで使われてきた言葉。

 

 

クリシュナ似のヨガナンダは目力がものすごく

https://i.ytimg.com/vi/thVJZ4teI4M/hqdefault.jpg

見るだけで、相手の意識に働きかける超能力的なパワーがあったそうです。

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/236x/5f/05/d8/5f05d8f514ffc123b3661cb034625e8f.jpg

 

「美しく生きる」というテーマとは異なり、

映画の中で際立っていたのは師匠「スリ・ユクテスワ」への愛でした。

「パラマハンサ・ヨガナンダ スリ・ユクテスワ」の画像検索結果

 

1911年18歳、大学生のムクンダ。

聖なるバラナシの地で、「振り返れ」と頭の中で声がした。

初めて会った瞬間、すでに夢の中で何度もあったことがあると感じ

穴があくほど彼を見つめ

「このお方こそ、私を神に導いてくれる永遠の師だと」直観した。

 

「尊い先生!」

 キリストのようなその人のその足元にひれ伏すると

「おお!わが子よ!ついに来たか!長い年月お前が来るのを待っていた。」

 先生の眼は計り知れない優しさをたたえていた

「私は無条件でお前を愛そう」

 

前世からの絆のようなミラクルで

ユクテスワに弟子入りしました。

本格的にクリヤーヨガを学びます。

 

1914年、21歳の時、大学を卒業。

ムクンダからヨガナンダへ改名。

 

そして1920年、27歳の時にアメリカにインドのスピリチャル大使としてヨガナンダが選ばれ

永遠のヨギー 〜ヨガをめぐる奇跡の旅〜

そこから西洋におけるヨガの普及を使命とし、世界中で講演活動を続けるようになり、

師匠とは離れ離れになります。

 

途中、独身生活を推奨する教団でありながらも

「既婚女性をたぶらかしている」とマスコミからいわれのない迫害を受けたり

留守中に教団を任せていた親友から裏切られ、独立され、

自分は信徒と結婚した挙句に、なぜか利益をよこせと裁判を起こされ

絶望の淵から、情熱を燃やして、あの有名な「あるヨギの自叙伝」が生まれてゆきます。

 

そして、1935年42歳の時、師匠が私を呼んでいる!と

スリ・ユクテスワの死を直観し、インドへ。

真実を知る者を意味する「パラマハンサ」の名前をもらいます。

 

翌年、最愛の師匠が没した後、落ち込みますが

復活した師匠の魂と再会し教えを請います。

 

そこから17年間最後までヨガの普及につとめ

1952年59歳で「私は今日あと数時間で旅立つ」と自分の死を予言し

2016010802LastSmile.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この微笑みの1時間後に、亡くなったそうです。

その体は20日間腐らなかったのだとか。

 


このように、彼の説く、クリヤーヨガの教えに深く突っ込むことはなく、

パラマハンサ・ヨガナンダの人生に関する、ドキュメンタリー要素の高い映画でした。

なぜ、彼の教えがアメリカと調和することができたのか?そこにも注目してみてほしい映画です。

 

 

 

 

映画の中で、時折紹介される印象に残った言葉を紹介します(^-^)

 

 

本当の師匠とは、自分に向かわせるのではなく、自分の内なる師匠に向かわせる

 

瞑想によって、脳の周囲を認識する領域が弱まる。壁が取り除かれる

瞑想中の脳内の様子

瞑想って本当にいいの? 脳の中で何がおきているのか究明してみた

 

エゴを消すのは、虫歯をすべて取り除く作業に似ている

 

行動を繰り返せば、心にパターンができる。脳にわずかな電気の道が作られるのだ。レコードのような溝だ。自分で作った溝をたどって生きるのが人生である。それに沿って生きていくようになる。 ヨガはその溝をつくり直す、思考・行動のパターンを変えるものです

 

曲がった脊椎は覚醒の敵です。瞑想においては、いつも脊椎を真っ直ぐに保ってください。 それは生命力が邪魔されることなく流れるようにするためです。 次に、意識の中枢である眉間を集中してください

 

あなたは正しく眠っていますか?夢はメンタルムービー。映画のようなもの。無意識に起きていて、見ているうちはエネルギーを奪っている疲れがいえることはない。

 

右の耳にオームと唱えてもらえば、私は戻ってこられる

 

 

この映画の元となった本

 

「ヨガ行者の一生」実は、金井富枝先生の愛蔵書でした。

 

スタジオ103にずっと飾ってありました。

 

昔読もうとしましたが、挫折。

 

どんな本でも読んじゃう本が大好きな生徒さんにもお貸ししましたが、

 

この書物に対しては人生初めての壁と戻ってきました。

 

今回をきっかけにまた読んでみたいと思います。

 

昔からあった本、読むぞと決意(*゚ー゚) #パラマハンサヨガナンダ

@yellowcrystalgirlが投稿した写真 -

スポンサーサイト

  • 2017.11.14 Tuesday
  • 10:43
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    おすすめアイテム

    103 Instagram (*^-^*)

    selected entries

    categories

    archives

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM